笠間小の卒業式に出席しました

2019.03.23 Saturday 06:37
0

    143名の巣立ち

       (3月19日笠間小体育館)


    category:- | by:石井栄 | - | -

    笠間小卒業式に出席して

    2019.03.22 Friday 06:49
    0

      3月19日143名の巣立ち


      category:- | by:石井栄 | - | -

      笠間中の卒業式に参加して

      2019.03.14 Thursday 19:24
      0

         「先輩と過ごしたのは部活、今の支えとなっている。一生の財産です。たくさんの苦楽を

         ともにしました。・・・」(送辞から)

         「たくさんの人に支えられてきました。持ち前を伸ばしていきたい。」(答辞から)

        校長先生の式辞から

         「厳しい冬の寒さが和らぎ」との言葉で始まり、

        「みなさんは、三年間で著しく成長しました。

        特に3年時に、それぞれが共通の目標で苦しさを

        乗り越えて、苦労が喜びに変わった体育祭 合唱の経験」

        に触れて、その結果だけでなく、その過程を忘れることな

        く今後に生かしてください。」

         その上で次の三点を、皆さんに伝えたい。

        「一つは出会いを大切に

        二つ目は自分の持ち前を伸ばして欲しい。三つめは予測

        できないことが起こった時、困難に直面したとき、

        学び続けることによる「ひらめき」が、新しいものに変え

        る。」・・・・。

         

        教育長の式辞から

         みなさん。三年間よく頑張りましたね。

         ・・・・。

           志を持った人になってください。

         プロ野球選手になりたいということは夢です。

         プロ野球の選手になって、人の役に立ちたい

         ということ、これが志です。志を持って笠間に

         帰ってきてください。・・・・。

         

        PTA会長の式辞から

         ・・・・・・。

          後悔しないように「為せば成る 為さねばならぬ

         何事も」(上杉鷹山)。一番の失敗は何しないこ

         とです。 ・・・・・。

         

        (私の印象でまとめました。少し不正確なところが

        あるかもしれません。その際はご容赦ください)

         

         

        category:日々の出来事 | by:石井栄 | - | -

        こども園の民営化に関する条例案に反対しました

        2019.03.04 Monday 22:45
        0

           民営化を進めるための条例に対する反対討論

                          2019年3月4日

                          教育福祉常任委員会にて

                          日本共産党笠間市議会議員

                                  石井 栄

           

          「笠間市幼保連携型認定こども園の設置及び管理

          に関する条例を廃止する条例について」への反対討論

               

             

            この条例案は、笠間市幼保連携型認定こども園の運営を廃止し、

          民営化するための事業を条例上でも進めるためのものである

           「かさまこども園」「いなだこども園」の民営化は

           幼児教育に関して市が果たさなければならない重要な部分の責任

          を民間に委ねるものである。

           これにより、幼児教育の内容、給食事業、教職員採用、教職員の

          配置、教職員の待遇、労働条件など運営の基本は民間の理事会な

          どが中心に行うことになり市の管理運営から基本的に切り離される

          ことになる。その後の運営については明確には示されておらず、

          不透明なところがある。

            また、市の専門職である保育士、幼稚園教諭の活躍の場を縮小し、

          市が有する専門的人材の縮小につなげるものである。

            幼児教育は公教育の中で重要な位置を占めており、市の責任で

          しっかり行うべきものである。この条例案は、民営化を条例上も進める

          ものであり、市民の期待に反するものであるため反対する。                                                     

           

           

          category:笠間市政 | by:石井栄 | - | -

          東海第二原発の再稼働方針決定への抗議と廃炉申入れ

          2019.02.23 Saturday 00:54
          0

                                                                                                  2019年2月22日

            日本原子力発電株式会社

            取締役社長 村松 衛 殿

               東海第二原発の再稼働方針決定への

              抗議と廃炉を求める申し入れ

                                                 日本共産党茨城県委員会

                                     委員長 田谷 武夫
                               同 茨城県議会議員 山中たい子
                                   同     江尻 加那
                               同 市町村議員団

             

             御社は本日、茨城県、東海村、水戸市に東海第二原発の再稼働をめざす意向

            を表明しました。

             これは、「再稼働はやめてほしい」という圧倒的多数の県民の願いに真っ向

            から対決するもであり、今回の表明に対し強く抗議するとともに、再稼働断

            念と廃炉をあらためて求めます。

             御社が果たすべき社会的責任は、福島第一原発事故の教訓に真摯に向き合う

            ことであり、運転期限40年のルールに従い、東海第二原発の廃止措置に速や

            かに移行させることです。

             どんな対策を講じても過酷事故のリスクをゼロにすることができない以上、

            再稼働を受け入ることはできません。また、再稼働によって使用済み燃料が

            さらに増えることも容認できません。             

             最優先で守らなければならないのは県民の生活や生業、命の尊厳です。

            そのためには再稼しないことが最も確かな安全策です。

            よって、日本共産党は、「原発ゼロ」をめざす立場からも、再稼働方針の撤回

            を強く求める同時に、廃炉の決断を求めます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category:政治 | by:石井栄 | - | -