党市議団から市長への申し入れに対する回答

2018.11.16 Friday 00:53
0

     党市議団が不法投棄に対して市長への申し入れを11月13日に行いましたが、

     11月15日午前、市長からの回答が党市議団に届きました。

     全文は以下のとおりです。

     

     

                               平成30年11月15日

    日本共産党笠間市議会議員  横倉 きん

                         様

         同        石井  栄

     

                             笠間市長 山口 伸樹 

                         

     平成30年1113日付けでありました申入れについて下記のとおり回答し

    ます。

     

     本事案は産業廃棄物の不法投棄事件であり、法令により茨城県が所管する

    こととなっておりますが、今後も市は地域の環境保全のために茨城県と連携

    して解決に向けて取り組んでまいります。

     

    1 不法投棄された廃棄物の状況を正確に把握すること。

     回答 警視庁の捜査及び茨城県による調査等により現地の状況は確認して

         いる。

    2 「猛毒の六価クロムを含む廃棄物」を完全に撤去し、現状を回復させる

      こと。

     回答 茨城県の行政指導による行為者等による撤去及び原状回復を求めて

         いく。

    3 桜川の水質検査を不法投棄地点から下流の500m地点まで、定点で定

      期的、継続的に行うこと。

     回答 水質検査を5カ所実施したところ六価クロムは検出されておらず、

          周辺での汚染はないことを確認している。

    4 不法投棄地点から半径500m以内の井戸水の検査を定点で定期的、継

      続的に行うこと。

     回答 井戸水の検査を3カ所実施したところ六価クロムは検出しておらず、

         周辺での汚染はないことを確認している。

    5 住民に健康被害がないように対策を執ること。

     回答 不法投棄された場所をブルーシートで覆い雨水等の浸透防止措置を

         行うとともに、土壌検査や水質検査を実施している。

    6 健康被害が出たときには被害に遭った住民に十分な補償をすること。

     回答 補償する義務は行為者等にあると認識する。

    7 再発防止の対策を執ること。

     回答 不法投棄に対しては、これまでも不法投棄の発見・通報体制や監視

         ・指導体制の充実に取り組んでいる。

    8 検査結果、および事件の経緯は市民に公表すること。

     回答 検査結果や事件の経緯等については、ホームページで公表している。

        今後も茨城県と連携し公表に努めていく。

     

     

    category:笠間市政 | by:石井栄 | - | -

    六価クロム不法投棄から市民の健康を守るために

    2018.11.13 Tuesday 15:03
    0

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      「不法投棄された猛毒の六価クロムを含む廃棄物」から市民の健康を

      守るための要請書を市長に提出しました。2018年11月13日市役所内で

      左から塩畑市長公室長 日本共産党笠間市議会議員 横倉きん 石井栄

       

                                 2018年11月13日

      笠間市長 山口 伸樹 様

                      日本共産党笠間市議会議員 横倉 きん

                            同      石井 栄

       

         六価クロム不法投棄から住民の健康を守るための申しれ書

       

       119日「猛毒の六価クロムを含む廃棄物」が笠間市池野辺地域の空き地に、不法

      に投棄され、警視庁がこの事件にかかわる関係者を書類送検したことが明らかになり

      ました。

       「県廃棄物対策課によると、投棄現場付近で環境基準の約13倍の六価クロムが検出

      れたが、周辺で汚染は確認されていない。」、また「半径500m以内の民家の井戸

      水と近くを流れる桜川でも水質を分析したが、不検出」だったと茨城新聞(1110

      付)は報じています。

       猛毒の六価クロムを含む廃棄物の不法投棄により、周辺環境が汚染され、住民の健

      康を害し、環境に重大な影響を与える惧れがあります。

       市はこの間、関係機関と対応してきたと伺いましたが、住民の健康を守り、環境汚

      染を防止するために、県や司法当局など関係機関と連携し、次の措置を執るよう要請

      いたします。

       

                      申し入れ事項

       

       1 不法投棄された廃棄物の状況を正確に把握すること。

       2 「猛毒の六価クロムを含む廃棄物」を完全に撤去し、現状を回復させること。

       3 桜川の水質検査を不法投棄地点から下流の500m地点まで、定点で定期的、

            継続的に行うこと。

       4 不法投棄地点から半径500m以内の井戸水の検査を定点で定期的、継続的に

            行うこと。

       5 住民に健康被害がないように対策を執ること。

       6 健康被害が出たときには被害に遭った住民に十分な補償をすること。

       7 再発防止の対策を執ること。

       8 検査結果、および事件の経緯は市民に公表すること。

                                         以上

       

       

       

       

       

       

       

      category:笠間市政 | by:石井栄 | - | -

      市民から暖かい激励が

      2018.11.06 Tuesday 09:25
      0

        「いい話を聴かせて

         もらいました

         その通りだと思います。頑張って

         ください。」とお話しがあり

         左記の缶ジュースを差し入れして

         くださいました。

          おいしい一杯でした。

         (11/3 私 石井の街頭演説

         をお聴きいただいた60代のご夫婦

         から)

         

         

         

         

        参考 発言の要旨  

        市民の声を議会に届け、

        憲法が生きる住みよい笠間市、

        原発のない平和な日本のために

           9月議会での質問

        ‥豎ぢ萋鷂業事故の際の避難計画の問題点を正すこと。

        笠間保健センターの閉鎖ではなく、岩間 友部と同じように

        「市民福祉センターかさま」として活用を。

        障がいのある人もない人もともに生きる笠間をめざして

        障がい者雇用の促進を。せ埀捗斬陲瞭居基準を改善し、

        入居を希望する単身高齢者も入れるように改善を

        実現につなげたこと

        ‐中学校にエアコンを設置する署名運動を市民とともに行い、

        小学校へのエアコン設置を昨年8月までに実現したこと。

        ⇒彿欷遏重要保護世帯の小・中学校への入学の際の

        入学準備金の改善(額を約2倍に 支給時期を入学後の

        7月から、入学前の2月にした)を実現につなげたこと。

        デマンドタクシーの運行改善(福原 稲田 片庭 本戸 飯田

        来栖地区から県立中央病院へ行く際の時間短縮。イオンポレポレ

        で1時間待つことをなくす。最大2時間から1時間以内になる)の

        実証実験が7月23日から始まりました。何度も議会で質問し、

        「実現に向けて検討いたします」との答弁の後に、

        実証実験が始まりました。

        暴走する安倍政権に代わる国民のための政治をつくりましょう

        ^打楡権は10月から生活保護世帯の7割の世帯の扶助費削減を

        始めました。高い国保税は国が負担割合を減らしているため。

        K鳴鮮の脅威を理由に、陸上配備型イージスミサイルシステムを

        4600億円以上をかけて配備しようとしていて、配備予定の

        山口・秋田両県民から強い反対の声が上がっています。

        こ吠軸錣鬚覆し、平和体制の朝鮮半島をめざす努力が南北、米朝

        で始まっています。グ打楴鸛蠅亙刃造瞭阿に逆行し、軍備増強

        に走ろうとしています。

        Ψ鎧費を減らし、暮らし福祉教育に、平和は軍備増強ではなく

        平和外交の推進で行うべきだ。多くの国民の想いです。

         

         


         

        category:笠間市政 | by:石井栄 | - | -

        笠間保健センターは「地域福祉センターかさま」として活かそう

        2018.10.19 Friday 19:38
        0
          笠間保健センターは
          「地域福祉センターかさま」
          として活用できるように
          category:笠間市政 | by:石井栄 | - | -

          かさま浪漫 秋の陶器市

          2018.10.07 Sunday 22:16
          0

            かさま浪漫 秋の陶器市へどうぞ

            魅力的な笠間焼がたくさん展示してあります。

            明日10月8日までです

            本日10月7日お昼頃の
            会場(かさま芸術の森公園)のです。




            今日は晴天 真夏日の32℃
            明日も晴天の予想 最高気温は
            25℃秋晴れの爽やかな日に
            なりそうです。
            まつりは明日までです。

            category:日々の出来事 | by:石井栄 | - | -